印章(印鑑)管理規則とは?会社の印鑑をしっかり管理しよう!

 カテゴリー:会社設立時の印鑑  タグ:

印章 印鑑 管理 規則

会社で使用される印章(印鑑)としては、以下の3種類の印章が主にあります。

  • 実印(代表印)
  • 角印
  • 銀行印

実印や銀行印は、基本的に社員が使うことはあまりなく、社長や役員、経理担当者などが使用しています。ただし、角印に関しては、総務やその他の社員なども利用する機会があるでしょう。

少人数の会社であれば、印章の管理においても目の届く範囲かもしれませんが、会社が大きくなり人が増えると、これらの印章の管理が難しくなってきます。

そのため、ある程度大きな会社になると、印章を管理するための規則、「印章管理規則」という規則が設けられている場合が殆どです。

しかし、一般的にこの印章管理規則はあまり知られていません。そこで今回は、会社の印章をか管理するための規則である、「印章管理規則」についてご説明します。

 

1.印章管理規則とは?

印章管理規則

なぜ、印章の管理に規則が必要なのでしょうか。そもそも、印章管理規則とはなんなのでしょうか。

 

会社の印章を管理するための規則

印章管理規則とは、会社が会社用の印章を管理するために定めている規則です。印章にまで規則を決めなくてもいいのに。と思われる方もいるかもしれませんが、会社が大きくならばなるほど、しっかり管理しておかなければ、社員や社外含め、偽造や盗難のリスクが上がります

 

印章の厳粛な運用が目的

印章管理規則の目的は、印章の種類、調製、登録、使用、についてしっかりとルールを定めることで、印章の厳正な運用を行うことを目的としています。

 

2.印章管理規則で決められていること

印章管理規則で決められていること

印章管理規則では、具体的にどのようなことが決められているのでしょうか。ここでは、一般的な印章管理規則を例に説明します。

  • 印章の種類
  • 印章の所管部署
  • 印章の使用範囲、責任者
  • 印章の調製
  • 印章の登録
  • 印章の廃止
  • 印章の保管場所
  • 印影の印刷
  • 印章の保存
  • 印章の紛失

上記の項目が一般的な印章管理規則で定められているものになります。

詳しく見ていきましょう。

 

印章の種類

印章の種類というのは、上記でも紹介した、会社実印(代表印)、角印、銀行印に対する規則であるということを記載したものです。

 

印鑑の所管部署

印鑑がどこに保管されているか、管理されているかを示すもので、多くの会社で総務部や秘書室が所管部署に定められています。

 

印章の使用範囲、責任者

印章の使用範囲や印章使用に関する責任者を定めたもので、とても重要な項目の1つです。印章を紛失してしまった場合や、誰かに盗作された際など責任を負うものを定めることになります。

 

印章の調製

印章を調製する必要が応じた際の対応や調製までの流れを記載したものです。こちらをしっかり定めておかなければ、勝手に印章の調製を行ってしまう社員が出てくる可能性もあります。そうなると盗作のリスクが非常に高くなりますので、しっかりと定めておきましょう。

 

印章の登録

印章の登録というのは、上記で紹介した印章を調製した際に行うもので、印章の登録の項目には、新しい印鑑の登録の手順と流れが記載されていることが多くなっています。

 

印章の廃止

印章を紛失してしまったり、何かしらの理由で印章を廃止しなければならなくなった際にの手続きの流れを記載している項目が「印章の廃止」になります。

 

印章の保管場所

印章保管場所はとても大切です。使用したい時に「ない」となってしまったら困りますし、複数の人が使用するためそれぞれの印章の保管場所はしっかり決めておくのが良いでしょう。

 

印影の印刷

印影をコピーして使用するという際には、印章管理者の許可をもらいましょう。という規定が記されたものです。

 

印章の保存

基本的に、印章は会社が廃止を決めるまでは同じものを使い続けるのが一般的ですが、調製をした際などに以前の印章を管理者が管理しておいて、ある程度の期間を過ぎたら焼却、廃棄するといったことがあります。その際の保管期間などを細かく定めたものが、「印章の保存」の項目になります。

 

印章の紛失

印章を管理するための規則ですから、本来は印章の紛失があっては大変なことですが、何が起こるか分かりませんので、印章が紛失した際の対応などが記載されています。

特に実印(代表印)や銀行印を紛失した際には、できるだけ効力を早く止めることが大切であるため、この項目はしっかりと記載しておく必要があります。

この他にも、さらに細かく印章の規定を定めている会社も多くあり、されど印章の管理といっても会社にとってはとても重要なことなのです。

今は、小さな会社でも将来、会社を大きくしようとお考えであれば、印章管理規則を作成しておくと良いかもしれません。

 

まとめ

まとめ

会社の印章(印鑑)に管理規則が設けられている場合があることをご存知でしたか。それだけ印章は会社に取って重要なものになっています。

印章に規則なんていらないと考える方もいらっしゃるかもしれませんが、規則がないのとあるのでは、普段の管理体制や管理意識が違ってきます。

そのため、将来会社を大きくしたい、従業員が増えてきたといった法人の方は、早い段階で印章規定を作成してみてはいかがでしょうか。

 


法人印鑑セットランキング

激安法人印鑑 経営者別法人印鑑 法人印鑑を印材で選ぶ 女性経営者向け法人印鑑 チタン印鑑 黒水牛法人印鑑

1位・会社設立3本セットチタン印鑑

チタン法人印鑑セット

【商品名】
チタン印鑑会社設立3本セット
【材質】
プレーンブラスト
【価格】
140,970円⇒81,880円
【書体】
篆書体、吉相体、古印体

商品詳細へ

 

2位・会社設立 黒水牛セット(芯持極上)

黒水牛会社設立セット

【商品名】
会社設立 黒水牛(芯持極上)3本
【材質】
黒水牛(芯持極上)
【価格】
56,630円⇒28,680円
【書体】
篆書体、吉相体、古印体

商品詳細へ 

 

3位・彩樺SAIKA会社設立3本セット

彩樺法人印鑑セット

【商品名】
会社設立 Aセット3本
【材質】
彩樺 SAIKA
【価格】
37,460円⇒23,180円
【書体】
篆書体、吉相体、古印体

商品詳細へ

 


カテゴリー:会社設立時の印鑑
タグ:

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

法人 印鑑 証明書 取得

法人の印鑑登録と印鑑証明書の取得方法とは?

法人を設立し、登記をする際には所轄の法務局に法人の印鑑の届け出を行う必要があります。(商業登

記事を読む

銀行印とは

銀行印とは?銀行印の定義と実印との違いについて

法人印鑑の中には、印鑑登録を行った印鑑を指す「実印」と、実印とは別に作成する「銀行印」というもの

記事を読む

社名のつけ方

法人印鑑を作る際に知っておきたい社名(商号)の付け方

法人印鑑を作る際には、まずは必ず会社名が必要になってきます。 しかし、いざ会社名をつけ

記事を読む

購入してみました

ハンコヤドットコムで法人印鑑を買った感想と評価

実際に法人印鑑が必要になり、今回は法人印鑑3点セットを購入しました。その時のレビューを書きた

記事を読む

印鑑証明書

法人印鑑登録と印鑑証明の4つの注意点

平成15年2月1日に施行された新事業創出促進法(平成 17年4月13日、中小企業の新たな事業

記事を読む

法人印鑑の適正サイズ

法人印鑑の適正サイズについて

法人印鑑を購入する際に注意したいのが印鑑のサイズです。会社の代表者印などは規定があるためしっ

記事を読む

法人 印鑑 アルファベット 英語

法人印鑑は英語表記でも作成できるの?作成時の注意点

会社名にアルファベット(英語)の入っている会社は多くあります。しかし、2002年までは、商号(法

記事を読む

kaisyaseturitunojyunnbi-002

個人事業主(開業)に必要な印鑑の種類

会社設立時には会社代表者印という実印が必要になりますが、法人化していない個人事業主の場合は登

記事を読む

認印 定義 注意点

認印を購入する際に知っておきたいポイントと注意点

宅配を受け取るときなどに使用する認印ですが、認印とはどのような印鑑のことを指すのでしょうか。

記事を読む

会社設立の準備

株式会社設立に欠かせない10つの準備

会社を立ち上げるのは手間と時間がかかるというイメージを持っている方は多いでしょうが、株式会社

記事を読む

Loading Facebook Comments ...

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

innkann
新社会人にオススメの実印はコレ!入社前に作成しておこう

4月になると、大学や専門学校、高校を卒業した人たちが、新社会人

法人 印鑑 アルファベット 英語
法人印鑑は英語表記でも作成できるの?作成時の注意点

会社名にアルファベット(英語)の入っている会社は多くあります。しか

innkann1
引っ越しする際の印鑑登録や印鑑証明書の手続きについて

個人で作成した印鑑で、印鑑登録しているもの、つまり個人の実印の

法人 印鑑 証明書 取得
法人の印鑑登録と印鑑証明書の取得方法とは?

法人を設立し、登記をする際には所轄の法務局に法人の印鑑の届け出

印章 印鑑 管理 規則
印章(印鑑)管理規則とは?会社の印鑑をしっかり管理しよう!

会社で使用される印章(印鑑)としては、以下の3種類の印章が主に

→もっと見る



  • ハンコヤドットコム

    安く・早く・質も良いため口コミ
    ランキング1位です。

    ハンコヤドットコムで購入

    管理者本人が実際にNo.1と言われている
    ハンコヤドットコムで購入した際の
    レビューです。

TOPへ戻れ!!